個人で自己破産をする

2018-05-23 未分類

自己破産手続きは弁護士に依頼する他に個人でも行うことができる手続きです。自分で自己破産手続きをすることで弁護士費用を節約することができます。ですが、自分で自己破産手続きをする以上、書類の作成や貸金業者との交渉など全て行わなければなりません。特に債権者である貸金業者との交渉は非常に困難なものになります。

相談弁護士に依頼することで即日で取り立てを止めることができる、返済を止めることができる、取引履歴の開示をさせやすい、債権者に法的な手続きを取られても迅速に対応することができる、債権者との交渉もスムーズに行うことができるなどのメリットがあります

また弁護士が書類作成を行うことで信用が高いため、裁判所に申し立てをしたその日の17時には破産開始の手続きが開始されます。自分で自己破産手続きを行うよりも免責が許可されるまでの期間を短くすることができます。自分で手続きを行うと1年ほどかかることも珍しくありません。弁護士が依頼者の代理人となることから裁判所への出廷もしてくれるので個人で行うよりも負担を軽減することができます。

これ以上借金を返済することができないと苦しんでいる人は、まずは弁護士に相談をして自己破産手続きが適しているかどうか判断してもらいましょう。また、借金相談を行う“アディーレ”では、自己破産について解決事例を掲載しています。このようなサイトを確認し、相談へ行ってみてはいかがでしょうか。